正岡子規

5 6 7 8 9 10 11 12 13 14

桶踏んで冬菜を洗ふ女かな

山里や木立を負ふて

病む人の病む人をとふ小春

うれしくば開け小春の桜花

菊の香や月夜ながらに冬に入る

霜月の野の宮残る嵯峨野

気楽さのまたや師走の草枕

漱石が来て虚子が来て大三十日

梅活けて君待つ菴の大三十日

薔薇の花此頃絶えし寒さ

旅籠屋の我につれなき寒さ哉

又例の羅漢の軸の寒さ哉

寒き日を書をもてはひる厠かな

寒けれど不二見て居るや阪の上

石垣や松這ひ出でて水寒し

めでたさに袴つけたる寒さ哉

月影や外は十夜の人通り

佐渡へ行く舟呼びもどせ御命講

眼鏡橋門松舟の着きにけり

馬の尻に行きあたりけり年の市

煤払や神も仏も草の上

煤はいて蕪村の幅のかかりけり

煤はきのここだけ許せ四畳半

仏壇に風呂敷かけて煤はらひ

千年の煤もはらはず仏だち

漱石 龍之介 碧梧桐 虚子 鬼城 泊雲 亞浪 山頭火 普羅 放哉 風生 水巴 蛇笏 月二郎 みどり女 石鼎 喜舟 しづの女 かな女 万太郎 犀星 久女 淡路女 青邨 秋櫻子 素十 夜半 麦南 悌二郎 鷹女 多佳子 青畝 耕衣 播水 茅舎 汀女 三鬼 草田男 不死男 誓子 草城 爽雨 不器男 立子 林火 楸邨 静塔 鳳作 たかし 素逝 波郷
俳句 春の季語 夏の季語 秋の季語 冬の季語 短歌 歌枕
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
和歌と俳句