和歌と俳句

伊豆

木がらしの箱根に澄や伊豆の海 太祇

すするうしろは伊豆の岬哉 一茶

伊豆の海や大島寒く横はる 碧梧桐

晶子
紅椿伊豆の源氏のゆきかひし路山めぐり海を廻れる

晶子
伊豆の海限りも知らず繋がれる青藻と見ゆる底の石かな

晶子
伊豆の雨日の光にも通ひたり降れば椿の木立輝く

晶子
しののめは翡翠色の大島を焼かんと火をば放ちけるかな

晶子
太陽が金色の髪垂したる下に浮べり伊豆の初島

晶子
伊豆の海朝来て舞ふも黄昏に飛ぶも翅の真白き鴎

晶子
伊豆の海枕上にて鳴る波もわれを思へる心地こそすれ

晶子
浴室の石の床をば湯のぬるく這ひたる伊豆の如月の宿

晶子
伊豆の山すべて愁ひて潤むなり富士より早く春は知れども

晶子
二月来ぬ足柄おろし伊豆の野の藁によの尖を海へ傾け

茂吉
冬がれし山のうへより波だてるひむがし伊豆の海を見おろす

茂吉
見おろせるくろがねいろの伊豆のうみに西ふきあげて波たちわたる

伊豆はあたたかく野宿によろしい波音も 山頭火

伊豆はあたたかく死ぬるのよろしい波音 山頭火

伊豆の海初凪せるに火桶あり 秋櫻子

伊豆の山春水かけて白き滝 青邨

ものの芽の奇しくほぐれし峠かな 青邨

麦秋や伊豆の浦々に雲ひくさ 秋櫻子

鰹船かへり大島雲垂れたり 秋櫻子

伊豆の海を見さくる丘の夏薊 秋櫻子

羽ぬらす伊豆の鴉の梅雨入かな 楸邨

海うつる鏡あふいで初湯かな 爽雨

月よりもくらきともしび花馬酔木 青邨

湯壺より高く春水躍りつつ 青邨

土堤の駅五月の伊豆に入らむとす 誓子

年は徂く伊豆の泊りの風荒し 亜浪

濤音のある日なき日や百日紅 波郷

七夕の潮路や天草舟帰る 波郷

いづくにもとどろく波や盆仕度 波郷

麦殻を焚く火か否か伊豆に入る 楸邨

伊豆の海や紅梅の上に波ながれ 秋櫻子

早梅に伊豆の低山日をとどめ 爽雨

青伊豆の鴉吹き上げ五月の風 三鬼

伊豆五月声の鴉も古き友 三鬼

たたなづく伊豆の萱原雪知らず 青畝

伊豆にして雹うつ車窓実朝忌 爽雨

はや焼きし避寒の伊豆の山片面 爽雨

伊豆の宿波音に揺れ給ふ 林火