和歌と俳句

千曲川

万葉集東歌
信濃なる千曲の川のさざれ石も君し踏みてば玉と拾はむ

万葉集東歌
千曲なに浮き居る舟の漕ぎ出なば逢ふことかたし今日にしあらずは

源顕仲
水まさる 千曲の川は われならず も深くぞ たちわたりける

こがらしや三ツに裂たるちくま川 几董

牧水
秋風のそら晴れぬれば千曲川白き河原に出てあそぶかな

赤彦
冬がれの國とはなりぬ千曲川土濁りして虹たつ雨雲

晶子
秋風や千曲の川の船橋はたなごころほど中低くして

牧水
梅桜真さかりなれや千曲川雪解ゆたかに濁る岸辺に

牧水
見よ下にはるかに見えて流れたる千曲の川ぞ音も聞えぬ

牧水
入り行かむ千曲の川のみなかみの峰仰ぎ見ればはるけかりけり

茂吉
千曲川 北へながれて きほひたる 瀬々の白浪の 見とも飽かめや

窪田空穂
摘みし草に誰が名負はせむ佐久のゆふべ千曲の川の北に流るる

太田水穂
更級のみ坂をこえて秋風の千曲河原は眼に白きかも

散るや千曲の川音立ち来り 亞浪

泳ぎ子等千曲波だつ一曲に 草田男

千曲川脳裡のそれよりなほ冬澄む 楸邨

鱗甘し雪解千曲の荒鯉なり 多佳子

ひざついて雪解千曲をひきよせる 多佳子

雪原や千曲が背波尖らして 多佳子

遠灯つく千曲の枯れを見て立てば 多佳子

青田より断崖落つる千曲川 秋櫻子

楊散りかぜの末見ゆ千曲川 秋櫻子

雪解川合ふ間際まで千曲やさし 誓子

雪解合ひまた幾曲の千曲川 誓子

ゆるやかな千曲の側の葭雀 誓子

徒渉る早苗運びや千曲川 秋櫻子

千曲川わたりて頓に夜寒かな 青畝

千曲川奈落に冬日照りにけり 青畝

秋鮎や宿も瀬も古る千曲川 秋櫻子

瀬の巌の盆供を堰けり千曲川 秋櫻子

雲雀鳴き越軍渡河の跡空し 秋櫻子

咲き雪代さそふ千曲川 秋櫻子



信濃 浅間山 碓氷の山 更科・更級 姨捨山 善光寺 蓼科 乗鞍岳 穂高岳 上高地 梓川 八ケ岳 諏訪湖 木曽 木曽川
金沢 浅野川 犀川 医王山 卯辰山公園 兼六園 成巽閣
布施の海 二上山 奈呉の海
糸魚川 市振 親不知 妙高 地獄谷 赤倉温泉 池の平 佐渡 順徳上皇史跡 外海府海岸
富士山 富士五湖
赤城山 佐野・狭野 利根川 榛名山 榛名湖 伊香保 妙義
室の八島 那須 殺生石 男体山 奥日光 戦場ヶ原 湯元温泉 竜頭の滝 日光 東照宮 中禅寺湖 華厳の滝 大谷川 鬼怒川