和歌と俳句

奈呉の海

富山県高岡市から新湊市にかけての海岸。

大目秦忌寸八千島
奈呉の海人の 釣する舟は 今こそば 舟棚打ちて あへて漕ぎ出め

家持
奈呉の海 沖つ白波 しくしくに 思ほえむかも 立ち別れなば

家持
あゆの風 いたく吹くらし 奈呉の海人の 釣する小舟 漕ぎ隠る見ゆ

家持
港風 寒く吹くらし 奈呉の江に 妻呼び交し 鶴多に鳴く

田辺史福麻呂
奈呉の海に 舟しまし貸せ 沖に出でて 波立ち来やと 見て帰り来む

田辺史福麻呂
波立てば 奈呉の浦廻に 寄る貝の 間なき恋にぞ 年は経にける

田辺史福麻呂
奈呉の海に 潮の早干ば あさりしに 出でむと鶴は 今ぞ鳴くなる

家持
東風をいたみ 奈呉の浦廻に 寄する波 いや千重しきに ひわたるかも

仲実
越の海 あゆの風吹く 奈呉の浦に 舟はとどめよ 波枕せむ

金葉集・冬 源頼綱朝臣
ころもでに余呉の浦風さえさえてこだかみ山に降りにけり

頼政
奈呉の海 しほ干ひしほ満つ 磯の石と なれるか君が 見え隠れする

俊恵
天の原 雲つきぬれば 奈呉の海に 光はみちぬ 秋の夜の

新古今集・春 後徳大寺左大臣実定
なごの海の の間より ながむれば 入日をあらふ おきつしらなみ