和歌と俳句

福井

芭蕉
名月の見所問ん旅寝せん

芭蕉
月見せよ玉江の蘆の刈ぬ先

芭蕉
あさむつや月見の旅の明ばなれ

敦賀

笠朝臣金村
越の海の 角鹿の濱ゆ 大舟に 真梶ぬきおろし 勇魚とり  海路にいでて あへぎつつ わがこぎゆけば ますらをの たゆひが浦に  あまをとめ 塩焼くけぶり 草枕 たびにしあれば ひとりして  みるしるしなみ わたつみの てにまかしたる たまだすき  かけてしのひつ やまとしまねを

笠朝臣金村
越の海 たゆひが浦を たびにして 見ればともしみ やまとしのひつ

芭蕉
古き名の角鹿や恋し秋の月

芭蕉
月のみか雨に相撲もなかりけり

芭蕉
名月や北国日和定なき

気比

芭蕉
月清し遊行のもてる砂の上

芭蕉
国々の八景さらに気比の月

涼菟
砂もりて我もに一すくひ

虚子
松原の続く限りの秋の晴

草田男
六月や砂で嘴拭く宮雀

楸邨
雨にゐて月明の樹を思ひをり

三国

虚子
人の世の虹物語うすれつゝ

たかし
霙るるや小蟹の味のこまやかに

たかし
蟹提げて人霙れ来る三国かな

たかし
鴎啼き日日の霙に濡るる町

たかし
打つ暗き海より獲れし蟹

東尋坊

虚子
百丈の断崖を見ず野菊見る

虚子
病む人に各々野菊折り持ちて

虚子
野菊叢東尋坊に咲きなだれ