和歌と俳句>>俳句

松本たかし

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

飛騨桑の硬骨たるが雪に立つ

雪嶺の大を数ふや十座余り

雪嶺の皓体雲の環をまとひ

霙るるや小蟹の味のこまやかさ

蟹提げて人霙れ来る三国かな

門に積む菜に降り溜まるかな

鴎啼き日日のに濡るる町

打つ暗き海より獲れし蟹

雪国の雪の止み間の淋しさよ

大幅の楷書に浮ぶ寒牡丹

懐手して萬象に耳目かな

猿橋の虚空にかかり冬日澄む

冬の水水車を外づれ豊かなり

停り合ふ汽車なつかしき雪の駅

主峯以下雪新たなる八ヶ嶽

雪嶺の紅を含みて輝けり

風花にやがて灯りぬ芝居小屋

粉雪ふる町賑はひて年歩む

寒牡丹活け旅人の来り去る

行年の大河をはさみ宿二つ

波除に大年の波静かかな

星空に居る大富士や除夜の駅

子規 漱石 龍之介 碧梧桐 虚子 鬼城 泊雲 亜浪 山頭火 普羅 放哉 風生 水巴 蛇笏 月二郎 みどり女 石鼎 喜舟 しづの女 かな女 万太郎 犀星 久女 淡路女 青邨 秋櫻子 素十 夜半 麦南 悌二郎 鷹女 多佳子 青畝 耕衣 茅舎 汀女 三鬼 草田男 不死男 誓子 草城 爽雨 不器男 立子 林火 楸邨 静塔 鳳作 波郷
俳句 春の季語 夏の季語 秋の季語 冬の季語 短歌 歌枕
おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
和歌と俳句