和歌と俳句

冬の日

林火
冬日消え師の口髯も昃りけり

林火
機械光る冬日窓よりことごとく

虚子
大仏に袈裟掛にある冬日かな

みどり女
はりつめし人の面に冬日かな

蛇笏
冬日翳こころおびゆる日を経たり

素逝
ふたまたの幹へながれて冬日かな

素逝
太幹のしづかさ冬の日をながし

素逝
いつぽんの幹のさへぎる冬日なり

虚子
帽廂滞りつつ冬日あり

虚子
踏石を伝ひさしたる冬日かな

楸邨
かぎり知られぬ右向の顔冬日さす

虚子
香煙にくすぶつてゐる冬日かな

耕衣
指先を父祖まろびいづ冬日ざし

草田男
南に冬日日ねもす北蒼し

不死男
独房の冬日わが手に蠅すがる

不死男
獄ゆかへれば家の表裏に冬日立つ

不死男
獄に痩せかへり冬日の衣に巻かる

不死男
獄裡の額灼かす波際の冬日もて

不死男
出獄し冬日の寵を崖と分く

たかし
猿橋の虚空にかかり冬日澄む

草田男
笑ひ声冬日の鉄路汝居ぬ世

誓子
冬の日や鳶のとまりてやや翳る

波郷
よろめくや白衣に浴ぶる冬日ざし

虚子
凍てきびしされども空に冬日厳

草城
冬の日や玉のまどかにわがいのち 

楸邨
爆痕に鳩があそべり冬日さす

楸邨
死や生や冬日のベルト止むときなし

楸邨
幾千の冬日の甍影をもつ 

普羅
水上は冬日たまりて暖かし

普羅
からまつの散りて影なし冬日影

普羅
飛騨人の手に背に冬の日影かな