和歌と俳句

飛騨

飛騨山の質屋とざしぬ夜半の冬 蕪村

飛騨山の入日横たふいろり哉 一茶

晶子
おぼつかな 山脈もつれ 方しらず としも歎けば 飛騨に入りにき

飛騨山の質屋もたてにけり 鬼城

夏山や吊橋かけて飛騨に入る 普羅

稲架けて飛騨は隠れぬ渡り鳥 普羅

飛騨の生れ名はとうといふほととぎす 虚子

飛騨蒼し花栗かをり繭匂ふ 普羅

飛騨に湧く夏雲嶺を超えきたる 秋櫻子

雲の影落ちて夏山を深くしぬ 秋櫻子

萬尺の夏山にむかひ径つづけり 秋櫻子

飛騨の國をうつろになして霧湧けり 秋櫻子

掛稲に山又山の飛騨路かな 虚子

飛騨桑の硬骨たるが雪に立つ たかし

種俵あげたる飛騨の径かな 普羅

飛騨暮るる雪解湿りに蕗の薹 普羅

山吹や寝雪の上の飛騨の径 普羅

飛騨人や股稗かしぐかんばの火 普羅

人さやぎ飛騨の山稗熟るるとふ 普羅

飛騨涼し北指して川流れをり 林火

飛騨涼し朴の葉にのせものひさぐ 林火

飛騨人に夏白妙の朴葉餅 林火

飛騨盆地西日すずしく流れたり たかし

木曾の雲飛騨へ嶺越す秋の風 秋櫻子

飛騨谷へ蔓なだれたり山葡萄 秋櫻子

雨はげし逆立つ飛騨の田植蓑 秋櫻子

蛙田や残雪うつす笠ヶ岳 秋櫻子

奥飛騨の新茶もめでよ朴葉鮨 秋櫻子