和歌と俳句

前田普羅

つぎつぎの運動会や秋の行く

行く秋や隣の窓の下を掃く

大空に蜘蛛のかかれる月夜哉

白々と縁にさし来ぬ後の月

枯れ松の頂白き月夜かな

照るや雲のかゝれる四方の山

牛嶽の雲吐きやまぬ月夜哉

芋の葉の月に面を傾けぬ

能登人の四五人まじる月見かな

秋風や片側ぬるる神の松

登校や流るるに逆らひて

秋霧のしづく落して晴れにけり

秋雨や敷居の上の御燈料

秋雨や葛這ひ出でし神の庭

大露に野の神ぬれて在しけり

我が児より大いなる犬露野行く

東京の汽車来て嬉し稲の露

落ち合ひて澄まんとするや秋の水

戸一枚明けて子規忌の出入り哉

へちま忌や其月老人庵を出ず

ひしひしと毬栗さしぬ施餓鬼棚

月代に消え行く仕掛花火かな

ふところに紺の香高し秋袷

つつましや秋の袷の膝頭

簗くづす水勢来りぬ石叩き