和歌と俳句

前田普羅

とめどなく崩るる簗や三日の月

朱の緒のなほ艶めくや別れ蚊帳

立山に初雪降れり稲を刈る

鳴き負けてかたちづくりす囮哉

厠遠しかのこおろぎの高調子

鳴くや向ひ合ひたる寺の門

虫来ぬと合点して居る読書かな

色鳥や末社の並ぶ松の中

かへり来て顔みな同じ秋の蜂

稲架けて飛騨は隠れぬ渡り鳥

毟らるる芳しき料理かな

拾ひ来て畳に置きぬ丹波

紅葉折る木魂かへすや鏡石

真盛りの水引を打つ大雨かな

曼珠沙華無月の客に踏れけり

一叢の露草映すや小矢部川

秋草にまじりて高し花茗荷

新涼の雨や芭蕉をひるがへし

葛の葉やひるがへる時音もなし

秋の夜を灯さぬ鮎の名所かな

渋鮎の着きし厨の真暗がり

葉のかげも葡萄のかげも月の下