和歌と俳句

霧迅しサラシナシヨウマ雨しづく 普羅

瘤山も浅間も霧に逆らへり 普羅

石上の長柄の鎌も霧がくれ 普羅

着きてすぐわかれの言葉霧の夜 多佳子

門司と読み海霧巻ける街に出る 多佳子

夜の霧に部屋得て窓に港の燈 多佳子

宿ありて夜霧博多の町帰る 多佳子

旅の髪洗ふや夜霧町をこめ 多佳子

ながれこむ霧に藁屋の戸を下す 占魚

又しても家路まどへる夜霧かな たかし

天龍に沿うて霧たつ盆地の夜 たかし

霧晴るゝ次に見るもの何色か 綾子

さやうなら霧の彼方も深き霧 鷹女

霧の中靴音急ぐは妻子へか 鷹女

霧中にみな隠れゆく燈も隠る 多佳子

霧生るる夕ひとときの人通り 汀女

霧の道現れ来るを行くばかり たかし

饅頭を夜霧が濡らす夜の通夜 三鬼

戸隠の霧のにほひも宜ならむ 青畝

踊見し木曽の夜霧に中り病む たかし

霧をゆく杉一もとづつ迫り 爽雨

鐘楼に法の山霧凝りて見ゆ 爽雨

杉ますぐ杉なゝめ霧さまよへり 爽雨