和歌と俳句

高浜虚子

前のページ< >次のページ

料理屋に舟つなぎあり小門の

草市や一からげなる走馬燈

草の戸の残暑といふもきのふけふ

新涼や仏にともし奉る

女出て野分の門をとざしけり

秋の灯や世を宇治山の頂に

叢の一枝月にそびえたり

萩刈りて蟲の音細くなりにけり

遊船の舳揃へて月を待つ

ふるさとの月の港をよぎるのみ

はなやぎて月の面にかかる雲

枝豆を喰へば雨月の情あり

湖水より霧立ちのぼるばかりなり

熔岩の上を跣足の島男

秋晴のをとめの手をかざし

手をかざし祇園詣や秋日和

秋風に草の一葉のうちふるふ

茸山やむしろの間の山帰来

ふみはづすの顔の見ゆるかな

山田守る案山子も兵兒の隼人かな

御室田に法師姿の案山子かな

聞きしよりあまり小さき柿の家

弁当に拾ひためたる木の実かな

旅笠に落ちつづきたる木の実かな

わらが来し南の国のザボンかな