和歌と俳句

後の月

ここに住む我子訪ひけり十三夜 虚子

十三夜はやくも枯るゝ草のあり 万太郎

一本の竹のみだれや十三夜 汀女

川の香といふは藻の香や後の月 汀女

次の間に女客あり十三夜 立子

わがひとり見る後の月照りにけり 草城

裏妙義屏風のごとし後の月 上村占魚

踏む石のぐらりと傾き十三夜 楸邨

遠ざかりゆく足音や十三夜 万太郎

荒涼として椅子にをり十三夜 林火

後の月野川とらへて離さざる 林火

障子けふ貼りしばかりや十三夜 万太郎

十三夜今明らかに竹立てる 汀女

四方の嶺にひくき菩薩嶺後の月 蛇笏

後の月五臓六腑をおし照らす 鷹女

更けてよりあはれ大雨の十三夜 秋櫻子

十三夜月に孤りの鼻梁焦げ 鷹女

山の端を夜鷹の飛べり後の月 秋櫻子

梧桐の幹のなま傷十三夜 鷹女

くぐり戸を開け閉むる音十三夜 立子

りりとのみりりとのみ蟲十三夜 爽雨