和歌と俳句

皆吉爽雨

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

先着の焚きくれし湯に霧の夜を

奥の嶺ののぞく淡路に汐は秋

堰あげて水車舞ひそめ野路の秋

甕水の一座の菱も寺の秋

むさし野の御幸道ゆき四方紅葉

紅葉して山荘人の住み住まず

索道のうなづきゆく荷山もみじ

船造る音越えきつつ山粧ふ

松島の松間紅葉へ橋わたる

稲すずめ森ごもり鳴くすさまじき

村はみな欅を門とし暮の秋

その労の妻にもすこし開花

一とせは人を老いしめに会ふ

蝙蝠の終の二羽とび夕べ

伯耆より到来つづき梨の秋

濡れ指をかざして梨のうまかつし

長き夜の顔にまたたき置くばかり

嶺粧ふすそ野に稲架を湧きたたせ

噴煙の稲架の夕べを立ちまさり

比良せまるべを稲架の立ちうづめ

りりとのみりりとのみ蟲十三夜

晩稲刈おくつき越しに立ちあがる

稲架を解く墓原もみぢほしいまま

浅草秋の暮はやみなぎる灯