和歌と俳句

妙義

子規
鳴て妙義赤城の日和かな

花桐やなほ古りまされ妙義町 水巴

木枯の町一筋や妙義裾 上村占魚

月明の中空にあり妙義町 たかし

田を植うる妙義の麓家二軒 虚子

妙義山

秋風や妙義の山に雲はしる 子規

桑摘むや妙義の雨の落ちぬ間に 虚子

霧こめし滝かかり居り妙義山 普羅

秋風や野に一塊の妙義山 蛇笏

われもまた妙義の紅葉かざしたる 青邨

妙義嶺は肌も示さずいま夏山 草田男

白き妙義の肌の窪深く 草田男

夏雲湧けり妙義は岫もあらなくに 草田男

夏雲躄る妙義は音のなき山なり 草田男

緑陰と一幹を去る妙義さらば 草田男

霧裂けて妙義日輪をささげたり 秋櫻子

裏妙義屏風のごとし後の月 上村占魚

妙義山月の社に額づきぬ 上村占魚

虚空より妙義が覗く簗の秋 たかし

妙義嶺の傾倒し来る簗を守る たかし

畦焼けば曇る妙義のなほ淡し 秋櫻子