和歌と俳句

秋晴れ 秋日和

山頭火
秋晴れの道が分かれるポストが赤い

風生
秋晴や窓掛赤き子供部屋

風生
秋晴やキリリと叫ぶ紅いんこ

喜舟
秋晴や鵙の叫びのあとのなく

淡路女
秋晴や御肌ぬくき地蔵尊

立子
秋晴や十六禿を眺めつゝ

立子
秋晴の人出砂丘の中の我

淡路女
秋晴の川瀬の石に憩ひけり

青邨
秋晴や鹿島詣での人の中

立子
秋晴やメノコにもやるきび団子

万太郎
秋晴るゝものにふるさと遠きかな

汀女
行き交ひに犬に口笛秋の晴

立子
秋晴の茅舎を訪へばよろこべり

立子
秋晴の母と楽しき旅出かな

淡路女
秋晴や鵜の島ほとりの波

青邨
矢絣を着てエキストラ秋晴に

水巴
秋晴れや白日雪をこぼすかに

草田男
秋晴や橋よりつづく山の道

草田男
秋晴や香煙街に出で来る

草田男
秋晴やたまさか戻る軒雀

茅舎
秋晴れて鴎も眉毛あるごとし

茅舎
秋晴るゝ絶壁波の相をなす

茅舎
秋晴や波はなかりし片男波

爽雨
秋晴や巣函をつけて牧の木々

虚子
椀ほどの竹生島見え秋日和

爽雨
秋晴や牧へわかるる梓川

立子
山寺の天井までも秋日和

たかし
秋晴や何かと干せる村の橋

秋櫻子
瀧津瀬にさしいでし松の秋日和

青畝
秋晴や神も玩具もみな弓矢

秋櫻子
野の池に湧き湧く水も秋日和

立子
足音の正しく彼女秋日和

たかし
山山の葛咲き了り秋日和

不死男
秋晴や囚徒殴たるる遠くの音

虚子
あの雲の昃り来るべし秋の晴

虚子
一塵を見つけし空や秋の晴

虚子
秋晴や諸手重ねて打ち翳し

八一
うかびたつたふのもこしのしろかべにあさのひさしてあきはれにけり

秋晴や御勅論誦す貨車の中 波郷

秋晴の麺麭食こぼす膝あはれ 波郷

虚子
ラヂオよく聞こえ北佐久秋の晴

虚子
秋晴の郵便函や棒の先