和歌と俳句

山口青邨

畑中に唐もろこしと案山子かな

籠燈籠ともり初めたり月はまだ

お台場に虎杖しげり秋の雨

舟の音そこに聞ゆる雨月かな

ころげたる木の実の尻の白きかな

ぶら下る今は使はぬかな

花芒とゞく水車の廂かな

曼珠沙華そろひ傾く水の上

万燈の花に縋りし子供かな

万燈の花ふるへつゝ山門へ

山門の上に月あり日蓮忌

新蕎麦の行燈かけし藁屋かな

日光は紅葉を葺いて祭かな

草の宿糸瓜の水を取つてゐる

寄進米寄進南瓜や千部経

とうきびの焼ける香や千部経

道のべやうす埃して秋茄子

みのりたる田に行燈や秋祭

椎の実の落つる中なる祭かな

秋晴鹿島詣で

の人の中

初茸の出さうな山のつゞきけり

稲舟や女二人が棹さして

香取より鹿島はさびし木の実落つ

椎の木をはなるゝ月の明るけれ

二三本月に輝くかな