和歌と俳句

山口青邨

一宿の富士の裾野の夜は寒し

羽織の紐結ばずそぞろ秋深し

秋時雨白き柱に鶴舞ひて

秋の日の落つる陽明門は鎖さず

わが髪をぬらす黒髪山時雨

羊たち秋落日に尻をむけ

この庭の松に秋天の城をおく

流星の針のこぼるるごとくにも

十六夜の雲深ければ五位わたる

銀婚の妻のみちべに濃竜胆

わがこころの穂波にただよへり

一尺の北見の稲の稲架づくり

わが庭の凛々をほこらんか

菊あつく着たり義経菊人形

曽我の森何かきびしく紅葉せり

みちのくの八戸の菊いまぞ摘む

七面鳥千羽はばたき秋の風

南部富士白き雲かけそばの花

みちのくの客に夜寒の床のべて

北上にかかる大橋林檎売

広瀬川胡桃流るる頃に来ぬ

湖たひら刈田たひらに烏とび

磐梯の麓萱刈る一ら見ゆ

石手寺の築地くづれて稲の波

秋風にライトブリユーの帆は三崎

秋風や旅人のせて石舞台

はるかより刈田たゝめる石舞台

山門は開く刈田を遠く見て