行く秋

千載集・雑歌 藤原基俊
契りおきしさせもが露を命にてあはれことしの秋もいぬめり

新古今集 権中納言兼宗
ゆく秋の形見なるべきもみぢ葉も明日はしぐれと降りやまがはむ

新古今集 公任
うち群れて散るもみぢ葉を尋ぬれば山路よりこそ秋はゆきけれ

俊成
元結の霜置きそへてゆく秋はつらきものから惜しくもあるかな

定家
ゆく秋のしぐれもはてぬ夕まぐれ何にわくべき形見なるらむ

蛤のふたみに別行秋ぞ 芭蕉

行龝のなをたのもしや青蜜柑 芭蕉

行秋のけしにせまりてかくれけり 芭蕉

行秋や手をひろげたる栗のいが 芭蕉

ゆく秋や尻も結ばぬ糸すゝき 也有

行秋の時雨そふなと急ぎけり 也有

ゆく秋や取落したる月の欠 也有

去来去移竹移りぬゆく秋ぞ 蕪村

行秋や抱けば身に添ふ膝頭 太祇

行秋の草にかくるゝ流かな 白雄

行秋に鮎のしら干哀れなり 白雄

天広く地ひろく秋もゆく秋ぞ 一茶

行秋をぶらりと大の男哉

行秋やどれもへの字の夜の山 一茶

行秋や入道どののにらみ汐

秋の日 秋晴れ 秋の空 秋の雲 秋の山 秋風 秋の暮 秋の雨 松茸 茸狩 案山子 渡り鳥 ひよどり 鶺鴒 啄木鳥 葡萄 野菊 後の月 朝寒 夜寒 身に入む むかご 蘆の花 木の実落つ 椎の実 ざぼん 紅葉 鹿 残菊 末枯れ 柳散る 行く秋 暮の秋
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図