和歌と俳句

秋晴れ 秋日和

虚子
秋晴の翳の濃ゆさやものの隈

誓子
秋晴へ眼界ひらけ眼戸迷ふ

立子
秋晴や教会見えて来れば町

立子
蔀戸の外秋晴の日本海

たかし
帝釈をたつきの町の秋日和

たかし
秋晴に遊べる魂の我とあり

たかし
伊吹嶺は流石雲居て秋の晴

たかし
天守閣上閣下の群集秋晴るる

虚子
快き秋の日和の匂ひかな

風生
晩年の幸のやうやく秋晴るる

立子
秋晴や色よく出来し陶を掌に

立子
秋晴や小声で話しゐてきこえ

爽雨
秋晴の蜂に追はれもして庭師

爽雨
雲消えしところきらめき秋晴るる

虚子
秋晴や一片雲も爪弾き

立子
秋晴や小さき方の孫抱きて

誓子
秋晴に銅像拳握りしめ

虚子
松原の続く限りの秋の晴

風生
秋晴や道にも敷きて伊良湖石

虚子
玄関の衝立隔て秋日和

虚子
ほのかなる空の匂ひや秋の晴

誓子
秋晴の赤崖赤を憚らず

誓子
秋晴に口開けヨハネカレー市民

立子
中腹に頭見え秋日和

蛇笏
深山にわが影ふみて秋日和

立子
秋晴や神を信ずる心ふと

誓子
砂利の浜直ぐに深海秋日和

誓子
秋晴の塔心柱は途中まで

秋櫻子
秋晴や苔踏むまじき藁草履

立子
秋晴や主婦に楽しき句会あり

立子
秋晴に我焦げてをる匂ひする

立子
虚子庵に集ふはうれし秋日和

林火
あくまで秋晴噴煙は雲とならず

立子
話しくる人に答へて秋の晴

立子
秋晴のこよなき日なり山の家

悌二郎
白馬ゐて秋晴の馬柵影を生む