和歌と俳句

山口誓子

捌く弓とぶ矢光りて弓始め

無人島ならず春暁犬走る

春の昼字を見る眼鏡むしりとり

春夜更けこの一寸に電波混む

来る戦後版紙赤く褪せ

花暮れて駅には絶えず白蒸気

暑を兆し人は地面に腰卸す

砂あれば夏山にても掌に平す

夏山を行く岩岩に手触れつつ

明眸惜し汚れ尽くせる早乙女

友の金魚死なんとするを吻つつく

急流の至近に火をともす

昼寝せるとき魔性のものたかる

夏草の毛深き伊賀の私鉄線

隧道の中緑光のレール二本

旅ゆきたし港内に浮く夏蜜柑

閘門に密着したる七夕竹

秋晴へ眼界ひらけ眼戸迷ふ

颱風に妻は痩身飛ぶ飛ぶと

颱風に遅るる妻を眼で手繰る

颱風禍三尺下に常の砂

勤める如家出て直ぐにの坂

駛するうち没日が秋の山を出づ

花野には岩あり窪あり花ありて

は尾をくるりくるりと吾が首途

啄木鳥がつく洋館の木の部分