和歌と俳句

山口誓子

生きてとびし蜻蛉の透翅書にはさむ

鵙叫ぶ老呆けて生きたくはなし

翅触るまで雁のこゑかたまれり

蟷螂の眼の中までも枯れ尽くす

わが病知らず蟷螂吾を攀づ

樹を攀ぢし蟷螂翅でとび降りる

沖に立つ寒煙船の影はなし

冬の浪従へるみな冬の浪

舟漕いで海の寒さの中を行く

を挽く堅きところを挽いて過ぎ

風邪の妻起きて厨に匙落す

風邪癒えぬ身の盛装を凝らしたり

にいづこかの野の声聞ゆ

雪嶺を何時発ちて来し疾風ならむ

降るの空つづきにて海も降る

みな雪の沿岸太平洋に対ふ

子は背にて父に倚る父暖し

かげろふ濱愛することを隠すなし

巣を奪られたる親雀天翔くる

物書ける吾を信じて巣の雀

みだれつつ藁は雀の巣を守る

濃し汀線を距るいくばくぞ

危うきとき蟹は土管に入れば足る

パンツ脱ぐ遠き少年泳ぐのか