和歌と俳句

蝌蚪 おたまじゃくし

日当りて明るく澄めり蝌蚪の水 淡路女

蛙子のほろほろかへす汀かな 青畝

蛙の子押しかたまりて安堵かな 淡路女

蝌蚪の水山ふところにありにけり 風生

泳ぎ出てあやぶみ戻る蝌蚪のあり 淡路女

我が影のうつるいとはし蝌蚪のひも 立子

蝌蚪を見つすべなく居れば日はさしぬ 悌二郎

あたたかき昼餉やすみや蝌蚪の水 汀女

かなたまで蝌蚪のおどろき及びけり 汀女

蝌蚪みつつ衢にあるがごときあはれ 波郷

ひとつ蝌蚪いのち尊み且つ掌にす 波郷

蝌蚪の群かぞへむとすれば混迷す 波郷

蛙の子日のめぐみ得て影と遊ぶ 石鼎

松葉藻に影あきらかよ蝌蚪二つ 石鼎

水泡吐いてくるりと沈む蝌蚪をかし 石鼎

たそがれの水に見え居り蝌蚪の陣 石鼎

蝌蚪の水森ぐんぐんと緑し来 しづの女

降りそゝぐ雨にかぐろし蝌蚪の陣 淡路女

蝌蚪を見て吉野の峡を出でて来ぬ 秋櫻子

蝌蚪一人影先立てて泳ぎくる 鳳作

蝌蚪の陣さゞ波上を流れけり 淡路女

流れ来て次の屯へ蝌蚪一つ 素十

浅き水のおほかたを蝌蚪のもたげたる 波郷

蝌蚪死ぬ土くれ投げつ嘆かるる 波郷

掬はれし蝌蚪は落花と網に乗り 汀女

跫音の過ぎてしづかや蝌蚪の水 麦南

あさあさと日の漣や蝌蚪の水 麦南

一隅の蝌斗の偏りひたすらなる 誓子

むきむきにゆく蝌蚪を見て術もなき 誓子

雲白き日のつづくなり蝌蚪の水 万太郎

蝌蚪の水いづこの緑うつるらん 林火

蝌蚪の池蒼空すこしうつしをり 占魚