和歌と俳句

竹下しづの女

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

干梅の皺たのもしく夕焼くる

汗の身を慮りて訪はず

蓼咲いて葦咲いて日とつとつと

父のなき子に明るさや今日の月

月あらば片割月の比ならむ

おもむろに月の腕を相搦み

夜の闇さ椎降る音の降る音に

梟やたけき皇后の夜半の御所

梟に森夜ぶかくも来りつれ

み仏にささぐる花も葦の華

吾がいほは豊葦原の華がくり

華葦の伏屋ぞつひの吾が棲家

棲めば吾が青葦原の女王にて

修道女のその胼の手を吾が見たり

節穴の日が風邪の子の頬にありて

化粧ふれば女は湯ざめ知らぬなり

葦火してしばし孤独を忘れをる

枯葦に雨しとしとと年いそぐ

葦の穂の今朝こそくろし春の雨

書庫の書に落花吹雪き来しづかにも

書庫瞑く書魔生るる春逝くなべに

灯りぬ花より艶に花の影

孵卵器を守れる学徒に日永くも

蝌蚪の水森ぐんぐんと緑し来

ヨツトの帆はろかに低しつつじ園