和歌と俳句

椿の花

折り折りて尚花多き宮椿 虚子

ぬかるみをよけてあるくや紅椿 万太郎

人の子に白玉椿咲きいでぬ 鷹女

椿昏れ女あり神を懼れける 鷹女

縁側の内にあそぶ子紅椿 立子

川底の岩に日さして落椿 立子

路幽く椿の紅を燃えしめざる しづの女

明くる日の事にこもれる椿かな 耕衣

海へ墜つ椿このときさけびつゝ 悌二郎

玉椿空海照りて界なし 茅舎

玉椿沖の高さに盛りあがる 茅舎

生けて待つ珠のやうなる白椿 風生

童のごとく鵯居る椿かな 青畝

玉椿大空に日は食まれをり 茅舎

死相ふとつらつら椿手鏡に 茅舎

俯いて来て落椿踏まざりき 草城

落椿ありしかば樹をふりあふぐ 草城

わがひとりさまよへば一つ紅椿 草城

うつぶせに落椿泛く山泉 蛇笏

水底に仰向きしづむおちつばき 蛇笏

白椿昨日の旅の遙かなる 汀女

鵯の言葉わかりて椿落つ 青畝

陶の如白玉椿咲き初めし 立子

日の光りつばさ煽りて山つばき 蛇笏

父祖の地の苔なめらかに椿おつ 蛇笏

新墾の土にうるほふ落椿 蛇笏

おちつばき風にころがりはこび雨 蛇笏

ひとつづつながれてゐざるおちつばき 蛇笏

鵯の矢の右往左往よ椿谷 青畝

御嶽の雲に真つ赤なおそ椿 蛇笏

鵜の嶋ややまつばきさく雨の中 蛇笏

枯蔓をいかに脱がんと椿かな 虚子

落椿道の真中に走り出し 虚子

あかつきの靄にぬれたる椿かな 万太郎

さきさかるつばきの紅のややくらき 蛇笏

北冥く漁港彎りてつばき咲く 蛇笏

落椿足のふみどのなかりけり 万太郎

流れ去る椿の臍の白きかな 普羅

大風に花のかくるる椿かな 普羅