和歌と俳句

春の田

鶺鴒の春田のくろを光りけり 鬼城

月出でて一枚の春田輝けり 普羅

鉄橋の下そこばくの春田かな 茅舎

夕づけば明るさ斑の春田かな みどり女

春の田に埃掃き出す坊主かな 普羅

みちのくの伊達の都の春田かな 風生

東京の中の葛西の春田かな 万太郎

子牛蹤きゆく春田の牛の鞭うたれ 楸邨

隠岐の島段々春田海に落つ 楸邨

葛城の神の鏡の春田かな たかし

春田なれ畦一尺に川へだて 林火

女出てうち眺めゐる春田かな 汀女

機音と春田を積みて与謝峠 林火