和歌と俳句

飯田蛇笏

白嶽

前のページ<< >>次のページ

うつぶせに落椿泛く山泉

水底に仰向きしづむおちつばき

花よりも水くれなゐに井手の木瓜

鐘樓より蜂は大嶺へ春の空

清水港富士たかすぎて暮の春

かもめたかくかけりて船渠暮の春

植木市春ゆく風の吹きすさぶ

山祭すみたる夜半のはつ蛙

うつうつと大嶽の昼躑躅さく

鳥啼きて湖はしろがね春の嶽

すみれ咲く風にむせびて針葉樹

蔓萌えて澤池の雨に蝌蚪澄めり

道はるか高原の桑芽ふきそむ

棚田うつ一人に塊もささ埃り

芝ひたす水きよらかに土筆萌ゆ

深山の月夜にあへる蝉しぐれ

派手ゆかた着はえて吾子が病臥かな

終焉をこころに蚊帳をつる身かな

蚊帳をつる手のなにがなし眼をふきぬ

妹が腹すこし身にふり更衣

蠅とびて鮎をはしらす簗の水

霧に樅の鳴禽尾を垂りぬ

向日葵に青草の香のたちにけり

高原の眞夏をゆけば嶽隠る

亡き子おもふ夏を深山の遠けむり

ゆかた着のこころにおもふ供養かな