和歌と俳句

阿波野青畝

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

寒詣なむぢななたび生れよと

薮入や鳶の喧嘩もなつかしく

涅槃図を舁きつつ廊を僧来る

肩ぬぎぬそれより田打鍬高く

鵯の言葉わかりて椿落つ

花の道掃くことおもひとどめたる

いさざ舟もやひての二三軒

藤の花這うていみじき樹齢かな

短夜やほどけばすぐに絵巻物

幽かたどりくるかも雲の間

須磨涼し今も昔の文のごと

浜木綿に牟婁の岩礁とこしなへ

雨風に甕のごとくに南瓜かな

蟷螂の弓杖つくもはずむまま

霧とべりとよめる那智のたぎつ瀬に

八千草のあさきにひろふ零余子かな

何の木といふことなしに御所紅葉

留守の神つれづれぐさの文に在り

はらはらとはしる雑仕や神迎

の鳴く土師の古道かい暮れぬ

鴛鴦に月のひかりのかぶさり来

ゆげむりの如くに蕎麦を掻きにけり

神楽笛ひょろひょろいへば人急ぐ

笛吹きし榾はひつぱり出されけり