和歌と俳句

須磨

月はあれど留主のやう也須磨の 芭蕉

月見ても物たらはずや須磨の夏 芭蕉

須磨のあま矢先に鳴くか郭公 芭蕉

見渡せば詠れば見れば須磨の 芭蕉

須磨の浦の年取ものや柴一把 芭蕉

さびしさを裸にしけり須磨の月 素堂

土佐が繪の彩色兀し須磨のあき 素堂

須磨の秋風のしみたる帆筵か 鬼貫

銀もてばとかくかしこし須磨の月 鬼貫

月代やむかしの近きすまの浦 鬼貫

須まの山うしろに何を諫鼓鳥 其角

十六夜の落るところや須磨の波 蕪村

笛の音に波もより来る須磨の 蕪村

冷飯も乏しき須磨のかな 蕪村

はるばると来てわかるゝやすまの秋 几董

春の夜や雨をふくめる須磨の月 青蘿

陽炎の夢をつなぐか須磨の花 青蘿

やるかたのなきに見て泣須磨の月 青蘿


子規
夕立の今かくるらんすまの浦の小舟にさわぐ沖つ白波

子規
すまの浦に旅寐しをれば夏衣うら吹きかへす秋の初風

子規
もしほやく畑もたえて須磨の浦にただすみのぼる秋の夜の月

子規
漁火の数そふ見れば須磨の浦やうしろの山に月落ちけらし

子規
すまの浦やいそうつ波のおと絶て松の木末に白帆行見ゆ

子規
南風いたく吹く日は波を高み須磨の浦わに潮あみかねつ

子規
須磨の浦は砂うつくしく松青し南をうけし潮あみどころ

子規
蜑の子が鮹干す秋となりにけり西風さわぐ須磨の浦浪

子規
おのづからあはれ身にしみて覚えけり須磨のやどりに須磨の巻を読む

藍色の海の上なり須磨の月 子規

涼しさの闇を来るなり須磨の浦 漱石

子規
笛の音の そことも知らず 須磨の浦 夢路に似たる 春の夜の月

須磨の浪七夕竹をうち返し 播水

須磨の浦朝凪ぎわたる飾焚き 播水

秋祭ぬければありし須磨の宿 かな女

須磨涼し今も昔の文のごと 青畝

月を思ひ人を思ひて須磨にあり 虚子

雨雲と卯浪のあひだ須磨ほのと 青畝

を以て扇としけり須磨の浦 耕衣

また来むと夏は終りぬ須磨の浦 耕衣