和歌と俳句

阿波野青畝

みちのくの馬どころより年始状

鬼は外主なかなか帰宅せず

恋猫とはやなりにけり鈴に泥

潮騒のものすさまじく椿咲く

ねはん図の混んで生きとし生けるもの

わが袖に君が袖にと馬酔木ゆれ

みよしののみやまつつじの中の滝

太子廟松の花粉を漲らし

雨雲と卯浪のあひだ須磨ほのと

一つ葉や清明の滝懸りたる

字ならびのおもしろくなる夏書かな

燈にかざし鹿の透きたる奈良団扇

炎天の暗き山家が落ちつきて

かはす身の明るさ暗さ熱帯魚

後村上の朝をし思ふ村端居

てのひらをかへさばすすむかな

踊子となるくずのはの子供かな

激流に魚介押さるる走馬燈

松の必ず萩にやどりたる

鈴虫の音をくらべむと目をつむる

曼珠沙華佛は首失はれ

すずなりに生らして奈良渋し

柿の皮干してくるしき暮らしかと

紅葉照り伐折羅大将生きてをる

大嘗会御用に建てし酒の蔵