和歌と俳句

阿波野青畝

風花の大きく白く一つ来る

雪空の針金の離れざる

虻のごととびまはりゐる屋根の

海暮れて日脚のびたる陸残る

波立てる池に北窓ひらきけり

やせんぼのあわてて伸びそめし

ふぶきゆく花をうけとむ甍かな

開帳や大きな頬の観世音

わが鵯を椿の守といふべきか

早乙女の笠あづけゆく君の堂

赤富士の雲紫にかはりもし

沙羅は散るゆくりなかりし月の出を

寝るまでは閻魔の蝋を守りけり

手より舞ふたなばたさまを結びけり

生きてゐることがしるしと秋遍路

果物帖のことも子規忌の物語

我ありロダンの男あり天高し

大納言乾して吉野の霧寒し

苔にある木の実日に憑き日に憑かれ

榎の実食ふ二十羽も一かたまりに

冬薔薇や青天井に蔓まげて

ゐのししの鍋のせ炎おさへつけ

この町に墓地を買ひけりクリスマス

白きことたぐひもなしや木の葉髪

汐泡をはなすまじとす海雲かな

さしあげし手に一枚の大鮑

「みつ」と書く桶を頼りの鮑海女