山口素堂

三日月をたはめて宿す かな

宿に見るもやはり武蔵野の薄哉

塔高し梢の秋のあらしより

綱さらす松原ばかりしぐれかな

暮おそしつる賀の津まで比良の雪

炭竃や猿も朽葉もまつも雪

棚橋や夢路をたどる蕎麦の花

老の春初はなげきぬ今からも

土佐が繪の彩色兀し須磨のあき

此暑氣に樓舟なし隅田川

地は遠し星に宿かれ夕雲雀

大井川 の雫や石一つ

鮎の子の何を行衞に上り船

唐がらしあけをうばふやなすびあへ

うた ゝねや孤山の梅を妻と見て

初空やねまきながらに生れけり

けふとてや行脚姿で帰花

星やあふ秋の七草四人なし

宗鑑 貞徳 季吟 宗因 来山 言水 才麿 鬼貫 千代女 也有 蕪村 召波 暁台 白雄 太祇 几董 青蘿 一茶
俳句 春の季語 夏の季語 秋の季語 冬の季語 短歌 歌枕
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 土佐日記 伊勢物語 古今和歌集 後撰和歌集 源氏物語の中の短歌 千載和歌集 新古今和歌集 大鏡 方丈記 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図 旅行案内