和歌と俳句

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

俊成
夕づく日入るさの山の川櫻うすくれなゐに花ぞかがやく

俊成
さくら花ちるを見つごと世の中を思へば旅のうきねなりけり

俊成
春駒の雲にいりぬと見えつるは野邊のさくらの花盛りかも

俊成
九重ににほひをそふるさくら花いく千代春にあはむとすらん

俊成
古りにけり昔を知らばさくら花ちりの末をもあはれとはみよ

俊成
つらきかななどて櫻ののどかなる春の心にならはざりけむ

俊成
櫻花思ふあまりに散ることの憂きをば風におほせつるかな

西行
佛には桜の花を奉れわが後の世を人とぶらはば

西行
木のもとは見る人しげし櫻花よそにながめて我は惜しまむ

西行
待ち来つる八上のさくら咲きにけり荒くおろすな三栖の山風

西行
ちるを見で歸る心や櫻花むかしにかはるしるしなるらむ

西行
つれもなき人に見せばやさくら花風に随ふ心よわさを

西行
たぐひなき思ひ出羽のさくらかなうすくれなゐの花のにほひは

新古今集 式子内親王
八重にほふ軒端の櫻うつろひぬ風よりさきに訪ふ人もがな

返し 惟明親王
つらきかなうつろふまでに八重桜とへともいはで過ぐる心は

定家
いにしへの人に見せばやさくらばなたれもさこそは思ひおきけめ

定家
みやこ辺はなべてにしきとなりにけりさくらををらぬ人しなければ

定家
中なかにをしみもとめじわれならで見る人もなき宿のさくらは

定家
風ならで心とをちれさくら花うきふしにだにおもひおくべく

定家
なべてにぞをしみもせまし櫻花思へば何のちぎりなるらむ

定家
あらしやは咲くより散らす桜花すぐるつらさは日数なりけり

定家
をしまじよ櫻ばかりの花もなし散るべきための色にもあるらむ

定家
白雲とまがふさくらにさそはれて心ぞかかる山のはごとに

定家
雪とちる比良のたかねの桜花猶ふきかへせ志賀の浦かぜ

定家
雲のうへのかすみにこむるさくら花又たちならぶ色を見ぬ哉

定家
たづねばやしのぶのおくの桜花風にしられぬ色やのこると

定家
桜ばなこころに散らぬ色ながらいくたび春をうらみ来ぬらむ

定家
おおかたの 春に知られぬ ならひゆゑ たのむさくらも をりやすぐらむ

定家
つま木こり かへるやまぢの さくら花 あたらにほひを ゆくてにや見る

定家
面影に恋ひつつ待ちしさくら花さけば立ちそふ嶺のしらくも

定家
いつも見し松の色かは初瀬山さくらにもるる春のひとしほ

定家
高砂の松とみやこにことづてよ尾上のさくらいまさかりなり

定家
千代までの大宮人のかざしとや雲ゐのさくらにほひそめけむ

俊成
白妙にゆふかけてけり榊葉に櫻さきそふ天の香久山

俊成
君が代に春のさくらも見ける身を谷に朽ちぬと何おもひけむ

定家
かざしをる道行き人の袂までさくらににほふきさらぎのそら

定家
ふりはつる身にこそまたね桜花うへおく宿の春なわすれそ

定家
消えずともあすは雪とや櫻花くれゆく空をいかがとどめむ

定家
ちはやぶる神世のさくら何ゆゑに吉野の山を宿としめけむ

定家
櫻ばな待ち出づる春のうちをだにこふる日多くなど匂ふらむ

定家
色まがふまことの雲やまじるらむまつは櫻の四方の山のは

定家
里あれぬ庭の櫻もふりはててたそがれ時をとふ人もなし



春の日 日永 初桜 入学 草餅 桜餅 桃の花 梨の花 沈丁花 辛夷 木蓮 連翹 春の暮 春の宵 春の夜 春の月   花見 遅桜 春の海 桜鯛 汐干 桜貝 仏生会 花御堂 甘茶 菜の花 春の風 山吹 海棠 馬酔木の花 茶摘み 躑躅 石楠花