和歌と俳句

春の暮

入かかる日も程々に春のくれ 芭蕉

鐘つかぬ里は何をか春の暮 芭蕉

入あひのかねもきこへずはるのくれ 芭蕉

あち向に寝た人ゆかし春の暮 蕪村

うかぶ瀬に沓並べけり春のくれ 蕪村

にほひある衣も畳まず春の暮 蕪村

大門のおもき扉や春のくれ 蕪村

うたゝ寝のさむれば春の日くれたり 蕪村

大原の千句過たり春のくれ 召波

こゝろほどうごくものなし春の暮 暁台

下京の窓かぞへけり春の暮 一茶

石手寺へまはれば春の日暮れたり 子規

泥海の猶しづかなり春の暮 漱石

ごんと鳴る鐘をつきけり春の暮 漱石

白秋
ウイスキイの 強くかなしき 口あたり それにも優して 春の暮れゆく

白秋
カステラの 黄なるやはらみ 新らしき 味ひもよし 春の暮れゆく

晶子
紺青を 絹にわが泣く 春の暮 やまぶきがさね 友歌ねびぬ

晶子
廊などの あまり長きを 歩むとき 尼のここちす 春のくれがた

水神のあたりの花や春の暮 万太郎

春の暮殿を扉ひらく地鳴りする 誓子

春の暮障子の白光殿にさす 誓子

ここに又住まばやと思ふ春の暮 虚子

春の暮晩鴉の黒きことも過ぐ 誓子

町なかの昔の松の春の暮 誓子

積丸太日をため滑ら春の暮 林火

天地に妻が薪割る春の暮 波郷

春の暮暗渠に水のひかり入る 楸邨

吸呑のレモンの水や春の暮 波郷