春の月

和泉式部
いづれともわかれざりけり春の夜は月こそ花のにほひなりけれ

新古今集 嘉陽門院越前
山ふかみなほかげさむし春の月空かきくもり雪はふりつつ

俊成
やまざくらさきやらぬまは暮ごとに待たでぞ見ける春の夜の月

西行
雲なくておぼろなりとも見ゆるかな霞かかれる春の夜の月

西行
月みれば風に櫻の枝なべて花かとつぐるここちこそすれ

西行
雪と見てかげに櫻の亂るれば花のかさ着る春の夜の月

新古今集 定家
大空は梅のにほひにかすみつつ曇りもはてぬ春の夜の月

新古今集 家隆
梅が香にむかしをとへば春の月こたへぬかげぞ袖にうつれる

新古今集 俊成のむすめ
梅の花あかぬ色香もむかしにておなじかたみの春の夜の月

新古今集 藤原孝標のむすめ
浅みどり花もひとつにかすみつつおぼろにみゆる春の夜の月

新古今集・雑歌 加賀左衛門
しらなみの越ゆらむすゑのまつ山は花とや見ゆる春の夜の月

新古今集・雑歌 加賀左衛門
おぼつかな霞たつらむたけくまの松の隈もる春の夜の月

実朝
たれすみてたれながむらむふるさとの吉野の宮の春のよの月

実朝
風さはぐをちのとやまに空晴れて桜にくもる春のよの月


清水の上から出たり春の月 許六

春月や印金堂の木の間より 蕪村

くらき方はけぶるがごとしはるの月 暁台

浅川の末ありやなし春の月 青蘿

春の月さすがに障子一重かな 青蘿

茹汁の川にけぶるや春の月 一茶

文七が下駄の白さよ春の月 一茶

春の月さはらば雫たりぬべし 一茶

須磨を出て赤石は見えず春の月 子規

一葉
咲く花に人はくるひて見かへらぬ山した庵の春のよの月

一葉
小しば垣わが庵ながらおもしろし花散りかかるはるのよの月

一葉
何事のおもひありやと問ふほどの友得まほしき春のよの月

子規
車過ぎて伽羅の匂ぞ残りける都大路の春の夜の月

春の月枯木の中を上りけり 子規

春の月簾の外にかかりけり 子規

配所には干網多し春の月 漱石

捲上げし御簾斜也春の月 漱石

高浪の上に描くや春の月 虚子

春の日 日永 遅日 麗らか 長閑 初桜 入学 草餅 桜餅 桃の花 梨の花 沈丁花 辛夷 木蓮 連翹 春暁 春昼 春の夕 春の暮 春の宵 春の夜 春の月 朧月 蝌蚪 花の雲 花曇 花見 遅桜 春の海 桜鯛 汐干 桜貝 金鳳花 仏生会 花御堂
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図 旅行案内