和歌と俳句

春の月

春の月さしこむ家に宿とりて 普羅

春月の坂ゆるやかにしたがへる 汀女

外にも出よ触るるばかりに春の月 汀女

春月の鼠を照らす鼠捕り 誓子

別るべき家や春月幹にさす 誓子

春月の下にかはほり集ひつつ 誓子

春月の照らせるときに琴さらふ 誓子

春の月産湯をすつる音たてて 波郷

起居なれし疎開夫人に春の月 蛇笏

春の月松竝がくれ照るはかな 万太郎

春月や寝鳥のたちし雑木原 秋櫻子

人寝たり風雲せめぐ春の月 節子

春月を濡らす怒濤や室戸岬 たかし

会ふ人ももとよりあらね春の月 汀女

春月や雨一日に田も濡れて 汀女

日は富士に落ちて春月箱根より たかし

みかへればすなはちやさし春の月 万太郎

春の月雲洗はれしほとりとも 蛇笏

沖までの途中に春の月懸る 誓子

春の月いよいよ機嫌昇りけり 立子

春月に妻一生の盥置く 静塔

春の月米磨ぐ音の中に出る 林火

春月の下ゆく汽車の煙の束 誓子

やうやくに春の月代黄なりけり 爽雨

のぼりつつ春月つつと尾根つたふ 爽雨

まどかなり銀座まつりの春の月 万太郎

山寺の破風のひろさや春の月 青畝

春月や後夜の明るき初瀬川 青畝

肉色の春月燃ゆる墓の上 三鬼

春月や利島をかくす波がしら 秋櫻子

春月に水飢饉なる足摺よ 誓子

幾十の切株の上の春の月 林火

母さはれ姉こひしきよ春の月 万太郎

春月に宇治の鳳凰羽ばたけり 青畝

蹴あげたる鞠のごとくに春の月 風生

梨棚に蹴あげてまろき春の月 風生

檜原より檜原にころぶ春の月 青畝

あの猫のふぐり二つや春の月 青畝

丹生川の曲る暗さや春の月 青畝