和歌と俳句

春暁 春の夜明け

千載集 仁和寺法親王守覚
梅が枝の花にこづたふうぐひすの声さへにほふ春のあけぼの

千載集 権大納言藤原実家
風わたる軒端の梅にうぐひすの鳴きてこづたふ春のあけぼの

俊成
たちかへり 昔の春の 恋しきは 霞をわけし 賀茂のあけぼの

西行
もえ出づる若菜あさるときこゆなりきぎす鳴く野の春の曙

西行
さらにまた霞にくるる山路かな花をたづぬる春のあけぼの

西行
花の色や聲に染むらむ鶯のなく音ことなる春のあけぼの

寂蓮
うぐひすの 谷よりつたふ 梅が枝に 花咲くやどの 春のあけほの

式子内親王
花はいさそこはかとなく見渡せば霞ぞかほる春の明ぼの

慈円
あまのはら富士の煙の春いろの霞になびくあけぼののそら

定家
梅の花こずゑをなべてふく風にそらさへにほふ春のあけぼの

定家
秋霧をわけし雁がねたちかへり霞にきゆるあけぼののそら

定家
霞とも花ともわかず菅原や伏見の里の春のあけぼの

定家
今よりのけしきに春はこめてけり霞もはてぬあけぼのの空

定家
年ふれど心の春はよそながらながめなれぬるあけぼのの空

定家
あしびきの山のはごとにさく花の匂ひに霞む春のあけぼの

定家
霞かは花うぐひすにとぢられて春にこもれる宿のあけぼの

良経
見ぬ世まで思ひ残さぬながめより昔にかすむ春のあけぼの

定家
花の色をそれかとぞ思をとめごが袖ふる山の春のあけぼの

定家
霞より鶯さそひ吹く風にとやまもにほふはるのあけぼの

定家
立ちなるるとぶ火の野守おのれさへ霞にたどる春のあけぼの

良経
ふるきあとぞ霞みはてぬる高円の尾上の宮の春のあけほの