花見

好忠
わさ苗を宿もる人にまかせをきて我は花見にいそぎをぞする

好忠
春雨のふるのみ山の花見にと三笠の山をさしてこそゆけ

一僕とぼくぼくありく花見哉 季吟

きても見よ甚べが羽折花ごろも 芭蕉

くさまくらまことの華見しても来よ 芭蕉

四つごきのそろはぬ花見心哉 芭蕉

花見にとさす船遅し柳原 芭蕉

かげきよも花見のざには七兵衛 芭蕉

傀儡の鼓うつなる花見かな 其角

知人にあはじあはじと花見かな 去来

しゆんけいの膳居ゑ渡す花見哉 許六

骸骨のうへを粧て花見かな 鬼貫

きのふけふものに墨引花見哉 千代女

道くさに蝶も寝させぬ花見哉 千代女

花の幕兼好を覗く女あり 蕪村

筏士や蓑をあらしの花衣

夜桃林を出てあかつき嵯峨の桜人

花に来て花にいねぶるいとま哉 蕪村

居風呂に後夜きく花のもどりかな 蕪村

華見戻り丹波の鬼のすだく夜に 蕪村

傾城は後の世かけて花見かな 蕪村

花に来て鱠をつくるおうなかな 蕪村

侘人の虱尽して花ごろも 召波

半ば来て雨にぬれゐる花見哉 太祇

筏士の嵯峨に花見る命かな 几董

江戸声や花見の果ての喧嘩買ひ 一茶


恐ろしき女も出たる花見哉 子規

骸骨となつて木陰の花見哉 子規

すさましや花見戻りの下駄の音 子規

仰向て深編笠の花見哉 漱石

たらちねの花見の留守や時計見る 子規

大錨載せて漕出ぬ花見舟 鬼城

花人の草履の塵に朽つる橋 泊雲

世を怒る心花見に出でにけり 喜舟

花人を鎮めの風雨到りけり 泊雲

留守の戸の鍵を袂や花衣 爽雨

ぬぎすてし人の温みや花衣 蛇笏

初桜 入学 草餅 桜餅 桃の花 梨の花 沈丁花 辛夷 木蓮 連翹 朧月 蝌蚪 花の雲 花曇 花の雨 花冷え 花見 遅桜 春の海 春の潮 桜鯛 汐干 桜貝 仏生会 花御堂 甘茶 菜の花 春の風 雀の子 山吹 海棠 馬酔木の花 茶摘み 躑躅 石楠花
おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図 旅行案内