遅日

遅き日やしかまのかち路牛で行 素堂

遅き日や雉子の下りゐる橋の上 蕪村

遅き日のつもりて遠きむかしかな 蕪村

折もてるわらび凋れて暮遅し 蕪村

遅き日や草をくさぎる大手前 蕪村

遅き日や谺聞ゆる京の隅 蕪村

遅日を追分ゆくや馬と駕 召波

遅き日を見るや眼鏡を懸ながら 太祇

遅日の光のせたり沖の浪 太祇

遅き日やひとへからげる草履道 几董

砂を摺大淀舟や暮遅き 一茶

曙覧
のどかなる花見車のあゆみにもおくれて残る夕日かげかな

旅籠屋に夕餉待つ間の暮遅し 子規

蜜とれば鶏も戻りて遅日かな 碧梧桐

法話より詩話の遅日や把栗寺 碧梧桐

暮遅し人ちらばりて相寄らず 虚子

遅き日や家業たのしむ小百姓 鬼城

遅き日の暮れて淋しや水明り 鬼城

海に浸る檜の匂ふ遅日かな 碧梧桐

案内者の長き袴も遅日かな 泊雲

花漬を買ふや遅日に枕して 碧梧桐

三度炊きて遅日まだある大寺哉 普羅

手焙や遅日の火種灰の中 草城

冷やかに牡丹蕾み居る遅日かな 水巴

退庁や遅日となりし築地河岸 風生

人気なき嵯峨藪道の遅日かな 泊雲

ひとり来て句会支度や寺遅日 爽雨

裏山に登れば遅日尚在りぬ たかし

春の日 日永 遅日 麗か 長閑 初桜 入学 草餅 桜餅 桃の花 梨の花 沈丁花 辛夷 木蓮 連翹 春暁 春昼 春の夕 春の暮 春の宵 春の夜 春の月 朧月 蝌蚪 花の雲 花曇 花見 遅桜 春の海 桜鯛 汐干 桜貝 金鳳花 仏生会 花御堂 甘茶
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図 旅行案内