和歌と俳句

長閑 のどか

貫之
花ににず のどけきものは 春霞 たなびく野辺の 松にぞありける

西行
花もちり人もこざらむ折は又山のかひにてのどかなるべし

のどけしや港の昼の生肴 荷兮

長閑さや早き月日を忘れたる 太祇

長閑さや垣間を覗く山の僧 一茶

長閑さや浅間けぶりの昼の月 一茶

呼あふて長閑に暮らす野馬哉

のどかさや松にすわりし眞帆片帆 子規

鶴の声これより空の長閑なり 子規

のどかさや内海川の如くなり 子規

行き過ぎし短き駅や海のどか

のどかさや障子あくれば野が見ゆる

のどかさや杖ついて庭を徘徊す

子規
のどかさや豆のやうなる小豆島

のどかさや千住曲れば野が見ゆる 子規

明天子上にある野の長閑なる 漱石

長閑なる水暮れて湖中灯ともれる 碧梧桐

土竜穴納屋に明きしも長閑なり 碧梧桐

浮草に根が生えかねし長閑かな

長閑なるものに又なき命かな 万太郎

人形も馬もうごかぬ長閑さよ 漱石

留守居して目出度思ひ庫裏長閑 漱石

長閑さや垣の外行く薬売

のどかさや艪を押す人のそるのめる 喜舟

島影に吠えたつ小犬畑長閑 泊雲

閑さや畑打つ人の咳払ひ 石鼎

のどかさの風鐸空にこはれをり 爽雨

山寺の古文書もなく長閑なり 虚子

籠のどか欠勤届二三枚 草城

長閑さにまだゐる鴨や浦戸湾 たかし