和歌と俳句

正岡子規

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

落ち行けば隣のくにや揚雲雀

の聲の細さよ岨五丈

陽炎や南無とかいたる笠の上

菜の花の中に道あり一軒家

や山をいづれば誕生寺

七浦や安房を動かす波の音

鶯の根岸はなるゝ日永かな

行く春や大根の花も菜の花も

涅槃會や何見て歸る子供達

うたゝねを針にさゝれる日永

死はいやぞ其きさらぎの二日灸

涅槃像胡蝶の梦もなかりけり

涅槃會の一夜は闇もなかりけり

白き山青き山皆おぼろなり

朧夜にくづれかゝるや浪かしら

のどかさや松にすわりし眞帆片帆

氣の輕き拍子也けり茶摘歌

うぐひすの茶の木くゝるや春の雨

生壁に花ふきつける春の風

春雨やよその燕のぬれてくる

馬子哥の鈴鹿上るや春の雨

青柳にふりけされけり春の雪

須磨を出て赤石は見えず春の月

初雷や蚊帳は未だ櫃の底

陽炎や苔にもならぬ玉の石