和歌と俳句

正岡子規

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

めでたしや娘ばかりの雛の宿

旅人や馬から落す草の餅

我庭に歌なき妹の茶摘

はりもののもみ衣匂ふ春日

旅籠屋に夕餉待つ間の暮遅し

霞んだり曇つたり日の長さ

うつくしき春の夕や人ちらほら

春の夜やくらがり走る小提灯

行く春のもたれ心や床柱

草の戸や春ををしみに人のくる

下町は雨になりけり春の雪

簑見ても旅したく成る春の雨

居酒屋の喧嘩押し出す朧月

畑打や草の戸つづく内裏跡

故郷やどちらを見ても山笑ふ

や畠つづきの寺の庭

鶯の覚束なくも初音哉

雀より鶯多き根岸

から臼に落て消たる雲雀

鳴くや庭の中なる東山

雉鳴くや背丈にそろふ小松原

白魚や椀の中にも角田川

俎板に鱗ちりしく桜鯛

ひらひらと風に流れて一つ

蛤の荷よりこぼるるうしほ哉

すり鉢に薄紫のかな