和歌と俳句

連翹 れんぎょう

太祇
連翹や黄母衣の衆の屋敷町

子規
連翹や束ねられたる庭の隅

子規
飼ひおきし籠の雀を放ちやれば連翹散りて日落ちんとす

子規
連翹に一閑張の机かな

晶子
垣たまたま連翹黄なる春の小径小雨の里の人に寄りこし

晶子
春の神のまな児うぐひす嫁ぎくると黄金扉つくる連翹の花

虚子
連翹に見えて居るなり隠れんぼ

漱石
連翹に小雨来るや八つ時分

虚子
山居杉に親しめば連翹野に恋し

漱石
連翹の奥や碁を打つ石の音

晶子
わが外にまた人影もなき園のたそがれ時の連翹の花

連翹に山風吹けり薪積む 蛇笏

連翹に白き鳩ゐて動きけり 草城

連翹や真間の里びと垣を結はず 秋櫻子

連翹のうつる家より渡舟かな 秋櫻子

連翹に月のほのめく籬かな 草城

連翹に人住みかはる小家かな 淡路女

連翹の縄をほどけば八方に 青邨

連翹の一枝はしる松の中 みどり女

連翹や花なき枝を四方に垂れ 青邨

連翹の一枝づつの花ざかり 立子

連翹に近き日南の干蒲団 立子

れんげうの朝なり妻も子もとほき 林火

連翹の枝多からず交へたる たかし

漣の下に連翹映りをり たかし

連翹やたそがれそめし一ところ 万太郎