和歌と俳句

稲日野 印南野

兵庫県加古川市あたりの平野。

中大兄皇子
香具山と耳成山と闘ひし時立ちて見に来し印南国原

人麻呂万葉集
稲日野も行き過ぎかてに思へれば心恋しき加古の島見ゆ

人麻呂
名ぐはしき印南の海の沖つ波千重に隠りぬ大和島根は

赤人
印南野の浅茅押しなべさ寝る夜の日長くしあれば家し偲はゆ

古集
印南野は行き過ぎぬらし天伝ふ日笠の浦に波立てり見ゆ

古集
家にして我れは恋ひなむ印南野の浅茅が上に照りし月夜を


拾遺集・別 能宣
をみなへし我に宿かせ印南野のいなといふともここを過ぎめや

俊成
はりまがた印南野の野邊の花すすきむらむらよする波かとぞみる


才麿
ゐなみのや笠の蠅追ふ秋の風


耕衣
月の出や印南野に苗余るらし

耕衣
印南野に初見の鳶や秋の風