和歌と俳句

永田耕衣

夏山や我が母を嗣ぐ妻の袖

打坐の舌巌のごとし夏の風

母の居のうつばり思ふ翡翠かな

芦の香のしたまひし老母かな

河童忌や小豆の蔓のもたれ合ひ

初夏や寿司巻く方に玉甍

月の出や印南野に苗余るらし

夏の雲槐の幹も寂びたりや

はつなつや女すくなき安田村

白薔薇剪り遣はすや胡瓜の上

行く水の横に衣を更へにけり

かたつむりつるめば肉の食ひ入るや

甘瓜やなほ歩かねば死ぬを得ず

夕凪の遂に女類となるを得ず

母の居に寄らじとしたる青薄

他の蟹を如何ともせず蟹暮るる

桐の花下を走るに老つつあり

刈る麦のすこしつめたし老いしかば

緑蔭のわが入るときに動くなり

緑蔭に入るや遠くに他の緑

雲の峰通行人として眺む

老顔として夕焼に染まるなり

ゆふぐれにいつぴきも見落さず

年とつて行くやの花盛り