和歌と俳句

高野山

高野山谷のもひじり哉 季吟

にて候高野山より出たる 宗因

おとなしき時雨をきくや高野山  鬼貫

御影講や顱のあをき新比丘尼  許六

晶子
高野山 杉生の奥の 常燈に ならびて出でし 春の夜の星

晶子
夜となると くり色の灯を もて来る 高野の山の 僧房の

山焼や闇の中ある高野山 万太郎

高野山春たけなはのわらびかな 蛇笏

茂吉
空海の まだ若かりし 像を見て われ去りかねき 今のうつつに

茂吉
金堂に しまし吾等は 居りにけり 山にとどろく 雷聞きながら

茂吉
うごきゐし 夜のしら雲の 無くなりて 高野の山に 月照りわたる

茂吉
のぼりつめ 来つる高野の 山のへに 護摩の火むらの 音ひびきけり

茂吉
くにぐにの 城にこもりし 現身も 高野の山に 墓をならぶる

茂吉
ひとときに 雨すぎしかば 赭くなりて 高野の山に 水おちたぎつ

茂吉
高野山 あかつきがたの 鉾杉に 狭霧は立ちぬ 秋といはぬに

茂吉
三成が 悲母の菩提の ねがひもて ここにのぼり来し 時をしぞおもふ

茂吉
おく谿は ここにもありて あかあかと 高野の山に 月照りにけり

茂吉
紀伊のくに 高野の山の月あかし しづむ光を 見つつ寝にける

憲吉
高野山に 後夜の月てる 御廟奥 三寶鳥の こゑ待つわれは

炎天の空美しや高野山  虚子

立秋の高野の山へ来て泊る  草城

新秋の高野の蚤にくはれけり  草城

蔦紅葉巌の結界とざしけり  林火

人の世の今日は高野の牡丹見る  虚子

蛍光の蒼き雪道末世なり  誓子

口ゆがむ薬つくれり雪高野  誓子

墓見ゆる高野の坂の橇遊び  誓子

顔洗ふ水の堅凍法の山  誓子

密教の山池凍てて不透明  誓子

からす瓜瓔珞となり高野道  青畝

この山の真如の月とひきがへる  林火