古今集 忠岑
山里は秋こそことにわびしけれ 鹿の鳴くねに目をさましつつ

古今集 よみ人しらず
奥山に紅葉ふみわけ鳴く鹿のこゑきく時ぞ 秋はかなしき

新古今集・雑歌 伊勢
白露は置きてかはれどももしきの移ろふ秋はものぞ悲しき

新古今集 藤原清輔朝臣
薄霧のまがきの花の朝じめり秋は夕べとたれかいひけむ

新古今集 慈円
み山路やいつより秋の色ならむ見ざりし雲のゆふぐれの空

新古今集 慈円
いつまでかなみだくもらで月は見し秋待ちえても秋ぞ恋しき

新勅撰集 土御門内大臣通親
秋といへば こころのいろも かはりけり なにゆゑとしも おもひそめねど

芭蕉
雨の日や世間の秋を堺町

芭蕉
見渡せば詠れば見れば須磨の秋

芭蕉(野ざらし紀行)
秋十とせ却て江戸を指故郷

芭蕉
此松のみばへせし代や神の秋

芭蕉
刈かけし田面の鶴や里の秋

芭蕉
おくられつおくりつはては木曾の秋

芭蕉
さびしさやすまにかちたる浜の秋

芭蕉
胡蝶にもならで秋ふる菜虫哉

芭蕉
秋に添て行ばや末は小枩川

芭蕉
たなばたや龝をさだむる夜のはじめ

芭蕉
此秋は何で年よる雲に鳥

なに喰て小家は秋の柳蔭

支考
稲稲とそよぐはつらし門の秋

支考
鳥辺野は遁れずやこの浦の秋

蕪村
笛の音に波もより来る須磨の秋

蕪村
身の秋や今宵をしのぶ翌もあり

蕪村
木曽路行ていざとしよらん秋ひとり

蕪村
追剥を弟子に剃りけり秋の旅

立秋 今朝の秋 初秋 桐一葉 星月夜 七夕 織女 星合 天の川 梶の葉 草市 迎え火 盂蘭盆 魂祭り 墓参り 灯籠 走馬灯 盆の月 盆踊り 灯籠流し 送り火 大文字 花火 法師蝉 残暑 初嵐 新涼 稲妻 流星 芙蓉 木槿 鳳仙花 朝顔 南瓜 犬蓼の花 蓼の花 芭蕉 稲の花
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図