蓼の花 穂蓼

蓼の秋錦と見るらん犬みかど 言水

牛若の膾作れりたでのはな 言水

草の戸をしれや穂蓼に唐がらし 芭蕉

鮓うりを垣からまねく穂蓼哉 也有

掃溜のにしきや蓼の花ざかり 也有

下露の小はぎがもとや蓼の花 蕪村

三径の十歩に尽て蓼の花 蕪村

甲斐がねや穂蓼の上を塩車 蕪村

黄に咲は何の花ぞも蓼の中 蕪村

蓼の穂を真壺に蔵す法師かな 蕪村

山河の野路に成行や蓼の花 几董

城あとや石すえわれて蓼の花 子規

井戸掘や砂かぶせたる蓼の花 子規

白水の行へや蓼の花盛り 子規

溝川を埋めて蓼のさかりかな 子規

蓼痩せて辛くもあらず温泉の流 漱石

秋草の千ぐさの園にしみ立て一むら高き八百蓼の花 左千夫

つゆしもの末枯草の淺茅生に交りてさける紅蓼の花 

百草のなべての上に丈高秀蓼の花も見るべかりけり 左千夫

鮭網を引き干す利根の川岸にさける紅蓼葉は紅葉せり 

暮れなんとしてほのかに蓼の花を踏む 漱石

料理屋に隣れば赤き穂蓼かな 碧梧桐

鶴の影穂蓼に長き入日かな 漱石

蓼の花草末枯れて水白し 碧梧桐

拾ひ残す穂蓼の上の落穂かな 虚子

砂遠し穂蓼の上に海の雲 龍之介

蓼嗅いで犬いつ失せし水辺かな 石鼎

花蓼や去年と同じふ石に咲く かな女

帯にふれて蓼冷かにゆれにけり みどり女

江の島の日覆の下たでの花 立子

しづけさにたたかふ蟹や蓼の花 波郷

掌にうけて蓼の長穂の柔かし 風生

蓼の花畚にかぶせて萎れざる 風生

桑かげにさやかに蓼の咲きにけり 蛇笏

考へに足とられ居し蓼の花 しづの女

網かけて蓼の折れ伏す川貧し 秋櫻子

子の投げし石は河原の蓼に落つ 立子

蓼あかしつめたき吾子の手をひける 悌二郎

大溝の名残こゝにも蓼の花 万太郎

蓼の花豊の落穂のかかりたる 素十

食べてゐる牛の口より蓼の花 素十

うつむきて歩く心や蓼の花 波郷

湖波の畔にたたみて蓼涵る 蛇笏

蓼紅しそよぎて父母は遙かな 波郷

花淡く茎のかがよふ雨の蓼 蛇笏

法師蝉 残暑 初嵐 新涼 稲妻 流星 芙蓉 木槿 鳳仙花 朝顔 南瓜 犬蓼の花 蓼の花 芭蕉 稲の花 野分 三日月 秋の夜 夜長 花野 刈萱 撫子 桔梗 女郎花 藤袴 鉦叩 名月 今日の月 月見 十六夜 蜻蛉
おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図