踊り

長ひ夜を輪にして明すおどり哉 也有

四五人に月落かかる踊かな 蕪村

月更けて猫も杓子も踊かな 蕪村

萍にさそひ合せてをどり哉 蕪村

ひたと犬の鳴町過て踊かな 蕪村

細腰の法師すずろに踊かな 蕪村

明かゝる踊も秋のあはれかな 蕪村

錦木の門をめぐりて踊かな 蕪村

八朔もとかく過ぎ行くおどり哉 蕪村

声きけば古き男や音頭取 太祇

末摘のあちら向ひてもおどり哉 太祇

木戸しめて明る夜惜むおどり哉 太祇

ふり附のめし喰こぼす躍かな 几董

うかと出て家路に遠き踊哉 召波

松陰におどらぬ人の白さ哉 一茶

風は清し月はさやけしいざともに踊りあかさん老のなごりに 良寛

立秋 今朝の秋 初秋 桐一葉 星月夜 七夕 織女 星合 天の川 梶の葉 草市 迎え火 盂蘭盆 魂祭り 墓参り 灯籠 走馬灯 盆の月 盆踊り 灯籠流し 送り火 大文字 花火 法師蝉 残暑 初嵐 新涼 稲妻 芙蓉 木槿 鳳仙花 朝顔 南瓜 犬蓼の花 蓼の花 芭蕉 稲の花
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図