和歌と俳句

終戦の秋をかなしき小夜の曲 蛇笏

荼毘ついで濃くなるばかり秋の闇 蛇笏

山行きて終戦の情秋に似し 蛇笏

秋玲瓏人と真向きに山の顔 草田男

秋の家土間に伏目の馬母子 草田男

いつまでも若き林の愚かな秋 草田男

草田男の秋日曜の胸白き 波郷

四方の秋ちかやまはまだかすみをり 蛇笏

秋淋し綸を下ろせばすぐに釣れ 万太郎

すうと引く障子の軽き秋の宿 風生

秋旅の寝返れば鳴る枕紙 風生

秋の航一尾の魚も現れず 三鬼

ふるさとの草田男向うへ急ぐ秋 三鬼

風吹けば全く秋や山羊放ち 立子

春秋の神の宮居の今は秋 たかし

がくぜんと秋や不貞寝の床を出て 鷹女

舟造る槌音も秋城ヶ島 たかし

石崖の不壊金剛の石の秋 たかし

潮騒の墓原を匐ふごとき秋 蛇笏

大いなる塵罐接収地区の秋 三鬼

なめらかに蛇ものぼりたる磴の秋 風生

潭壑に紫したたる秋の翳 風生

道の秋馬を放すも柵結はず 青畝

秋いくとせ石鎚山を見ず母を見ず 波郷

誰彼もあらず一天自尊の秋 蛇笏

一坂に沿うて一さと木曽の秋 爽雨

木曾の秋串餅とりて窓による 爽雨

顔出せば鞍馬の闇よ秋の宿 林火

二た流れ和して同ぜず水の秋 風生